土地・戸建て・マンション 福山市の不動産売却・住み替え相談

蚊鞘

<


ひろしま不動産なら家・マンションが高く、早く売れる!
お問い合わせはお気軽に
売却・住み替え 相談はこちら
無料査定 依頼はこちら
リフォーム提案を組み合わせた不動産売却はこちら

よくあるご質問

 
不動産売却について不安や心配ごとなどたくさんあると思います。
ここでは今までによくあったご質問をいくつかご紹介させていただきますので参考にしてみてください。
載っていない、よくわからないことなどありましたらお気軽にご相談ください。
公庫で借り入れした金額が大きくて、売却金額で借入金全額を払うことが出来ないのですが、このような場合でも売却は可能ですか?
査定を依頼したら、売却しなければいけませんか?
売買契約が成立するまでの間、カギは預けなければいけませんか?
土地、家屋を売却したときの固定資産税はどのようになりますか?
売却が成立した際には、なにをすればいいですか?
売買契約締結後に契約が流れることはありますか?
売主の依頼で特別な広告を作成することは可能ですか?
売却価格は途中で自由に変更できるの?
同時に複数の不動産会社に声をかけても大丈夫?
持ち家がいつまでも売れないときはどうすればいいの?
不動産を売却しやすい時期は存在しますか?
内覧されるお客様が来ることになったら、どのようにお迎えすればよいのですか?
不動産譲渡損になった場合、確定申告は必要ですか?
内装が痛んでいる場合、そのまま売却することは可能ですか?
売却する際に必要な書類はなんですか?
売却した不動産のお金が全額入る前に、買い替え先を決め支払いが必要になりました。このような場合どうすればいいですか?
売却代金はいつもらえますか?
相続した物件のため取得価格が分かりません。このような場合はどうすればいいですか?
売却したい物件が賃貸中ですが、売却は可能ですか?
不動産を売却する際に家具などの不要品がある場合、どうすればいいですか?
短期譲与所得と長期譲与所得はどのように違いますか?
離婚をした夫婦で共有名義のマンションの売却をする際、姓を戻す必要はありますか?
査定価格と違う金額で売り出すことは可能ですか?
Q.家を売ることを、近所の人には知られたくないのですが...
Q.内覧は急に来ることはありますか?
Q.買い替えたいのですが、購入と売却のタイミングが合うか心配です。
Q.売却したいけど、まだすぐには引っ越せないのですが...
Q.媒介契約って何ですか?
Q.売却価格はどうやって決まるのですか?
Q.住宅ローンがまだ残っているのですが、売却は可能ですか?

公庫で借り入れした金額が大きくて、売却金額で借入金全額を払うことが出来ないのですが、このような場合でも売却は可能ですか?
通常、借入金を全額支払わないと債権者は抵当権を抹消しません。しかし、最近は。借入金が残っても抵当権を外すケースもありますので、まずは弊社までご相談ください。
▲ページトップへもどる
査定を依頼したら、売却しなければいけませんか?
そのようなことはありません。査定価格をもとに、売りに出されるかどうかは売主様次第です。
▲ページトップへもどる
売買契約が成立するまでの間、カギは預けなければいけませんか?
居住中の場合は必要ありません。空き家の場合は、お客様の負担を減らすために弊社に預けていただくことをお勧めします。しかしこの場合も、必ずしも預ける必要はありません。
▲ページトップへもどる
土地、家屋を売却したときの固定資産税はどのようになりますか?
固定資産税は、毎月1月1日現在の登記簿、または土地・家屋補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人に課税されることになっています。そのため、今年の3月に売却済みであっても、今年の1月1日にあなたの名義で登記されていれば、今年度の固定資産税の納税義務者は売主様ということになります。
▲ページトップへもどる
売却が成立した際には、なにをすればいいですか?
売買契約時や決済時に、弊社担当者から必要な書類や費用を連絡いたします。また、所有権移転登記は、買主が依頼する司法書士が行いますので、司法書士から要求される書類や委任状などへの押印をする必要があります。
▲ページトップへもどる
売買契約締結後に契約が流れることはありますか?
はい、あります。売主、買主双方の都合により、売買締結が解除となる場合もあります。売買契約の解除の場合、契約書に定める違約金が発生します。ただし、買主が住宅ローンなどを申し込んだものの、その適用を受けることが出来なかった場合などは白紙撤回となることもあります。
▲ページトップへもどる
売主の依頼で特別な広告を作成することは可能ですか?
可能です。しかし、内容などにより別途費用がかかる可能性があります。
▲ページトップへもどる
売却価格は途中で自由に変更できるの?
基本的には変更可能ですが、納得のいくまで担当者と相談をすることをお勧めします。
▲ページトップへもどる
同時に複数の不動産会社に声をかけても大丈夫?
大丈夫です。価格や信頼性なども含めて、売主様が納得して決めることが大事です。
▲ページトップへもどる
持ち家がいつまでも売れないときはどうすればいいの?
まずは弊社にご相談ください。宣伝をしたり、リフォームをして内装をきれいにしたりなど様々な方法がありますので、よく相談をした上で最良の方法を考えます。
▲ページトップへもどる
不動産を売却しやすい時期は存在しますか?
入学や転勤などの影響で、春先には引越しの需要が高まりますので、それ以前が売却しやすいと考えられます。需要が高いうちに売却をするためには、とにかく早くから動くことが重要です。
▲ページトップへもどる
内覧されるお客様が来ることになったら、どのようにお迎えすればよいのですか?
普段どおりの生活をしていただいて結構です。内覧されるお客様は普段の生活を見に来られるので、ご近所のことなどを質問されたら教えてあげてください。
▲ページトップへもどる
不動産譲渡損になった場合、確定申告は必要ですか?
不動産の売却価格が譲渡損とあった場合、確定申告の必要性はありません。しかし、複数の不動産の譲渡がある場合、譲渡益と譲渡損の通算(相殺)した残高を申告する必要性が出てきます。
▲ページトップへもどる
内装が痛んでいる場合、そのまま売却することは可能ですか?
一般的にリフォームの必要性はありません。ただし、印象をよくする事で売却を早期に実現することが可能なケースもあります。
▲ページトップへもどる
売却する際に必要な書類はなんですか?
売却をされるのがご本人様の場合、身分証明書、住民票、印鑑証明書、登記済権利書、実印、土地・建物関係書類が必要となります。
▲ページトップへもどる
売却した不動産のお金が全額入る前に、買い替え先を決め支払いが必要になりました。このような場合どうすればいいですか?
「つなぎ融資制度」というものがあります。自宅のご決済前につなぎローンを実行して、買い替え先に残金を支払い、後日自宅の残金が入金次第、つなぎローンを返済するというものです。こちらをご利用されることをお勧めします。
▲ページトップへもどる
売却代金はいつもらえますか?
売却代金は契約時と引越しの2回に分けて支払われます
▲ページトップへもどる
相続した物件のため取得価格が分かりません。このような場合はどうすればいいですか?
不動産の購入価格が分からない場合は、売買価格の5%を取得原価として計算します。
▲ページトップへもどる
売却したい物件が賃貸中ですが、売却は可能ですか?
入居者がいても売却は可能です。しかし、空き家になってから売却するより価格が低くなる場合がありますので、詳しくは弊社スタッフまでご確認ください。
▲ページトップへもどる
不動産を売却する際に家具などの不要品がある場合、どうすればいいですか?
不動産を売却する場合、空家の状態で引き渡すことが原則です。
▲ページトップへもどる
短期譲与所得と長期譲与所得はどのように違いますか?
短期譲与所得とは譲渡した年の1月1日において、所有期間が5年以下のものをいいます。長期譲与所得とは譲渡した年の1月1日において、所有期間が5年を超えるものをいいます。
▲ページトップへもどる
離婚をした夫婦で共有名義のマンションの売却をする際、姓を戻す必要はありますか?
旧姓に戻す必要はありません。離婚し、姓が変わったことがわかる公的書類が準備できれば移転登記は可能です。
▲ページトップへもどる
査定価格と違う金額で売り出すことは可能ですか?
可能です。最終的な判断は売主様のご判断となりますが、まずは担当者までご相談ください。
▲ページトップへもどる
Q.家を売ることを、近所の人には知られたくないのですが...
売却物件の販売をスタートする前に、
意向を教えていただければ、広告をせずに販売にかける事も可能です。

ただし、広告をしないで販売する場合、
下記のようなデメリットが生じる可能性があります。

・どうしても成約に結びにくくなる
・時間がかかってしまう
・販売価格にも影響が出てしまう

ハッピーホームは、お客様の状況により、
より良いアドバイスをさせていただきます。
▲ページトップへもどる
Q.内覧は急に来ることはありますか?
基本的には、事前に「○日の△時でお願いします」というかたちでご連絡のうえ、
ご案内させていただきますが、
場合によっては、広告を見た方が「今から物件を内覧したい」
もしくは、急遽ご来店いただいたお客様が「条件がぴったりなので今から内覧したい」という
意向を持たれた場合は、急にご案内希望が入る場合があり、
特に土日祝はその可能性が高まります。

したがって、出来ればですが、好条件でのご売却の為に
対応できる時はなるべく対応して頂くのがよりベターです。

▲ページトップへもどる
Q.買い替えたいのですが、購入と売却のタイミングが合うか心配です。
お買い替えの場合はお客様の状況によって購入と売却のタイミングが変わってきます。

たとえば、購入を先行していくのか、もしくは売却を先行していくのか
というような内容になります。

一番ベストなのは、購入と売却が同時に出来れば一番良いのですが、
必ずしもうまくいくとは限りませんので場合によっては
一度賃貸を借りる事も考えなければいけない事もございます。

早く売る方法としては、不動産業者によるの買い取り等も
選択肢のひとつとなりますが、
いずれにしてもメリット、デメリットがありますので
担当者に良くご相談された方がいいと当店は考えます。

もちろん、ハッピーホームでは、
売却のタイミングのご相談も承ります。
どうぞご遠慮なく、どんなことでもご相談くださいませ。
▲ページトップへもどる
Q.売却したいけど、まだすぐには引っ越せないのですが...
お引越しがどれくらい先になるかにもよりますが、
引き渡し日を長めに設定をしての販売も可能です。

販売にかけたとしても、すぐにご売却が成立するとも限りませんし、
ある程度余裕をもって少し早めに販売に出すのも1つの方法です。

ただし、例えばお引越しが1年先という事であれば、
時期を改めてからの販売の方が良いかと思います。

ご売却に向けたスケジュール設定のご相談も
行っておりますので、ご不明点などございましたら、
どんなことでも、ご遠慮なくご質問くださいませ。
▲ページトップへもどる
Q.媒介契約って何ですか?
売却が決まったら不動産会社に売却を依頼するための、媒介契約を結んでいただきます。

媒介契約には次の3種類があります。それぞれのメリットをよくご確認のうえ、決定してください。
専属専任媒介契約

* 不動産会社は、売却活動の実施状況を1週間に1度以上、文書で報告しなくてはなりません。
* 不動産会社は、指定流通機構(レインズ)への物件登録を5営業日以内におこなわなければなりません。
* 売主様は、他の不動産会社へ売却の依頼をすることはできません。
* 売主様が自ら発見した購入者と直接取引き(売買契約)をすることはできません。

専任媒介契約

* 不動産会社は、売却活動の実施状況を2週間に1度以上、文書で報告しなくてはなりません。
* 不動産会社は、指定流通機構(レインズ)への物件登録を7営業日以内におこなわなければなりません。
* 売主様は、他の不動産会社へ売却の依頼をすることはできません。
* 売主様が自ら発見した購入者と直接取引き(売買契約)をすることができます。

一般媒介契約

* 不動産会社は売却活動の実施状況を報告する義務は負いません。
* 不動産会社は、指定流通機構(レインズ)への物件登録をおこなう義務はありません。
* 売主様は、他の不動産会社へ売却の依頼をすることができます。
* 売主様が自ら発見した購入者と直接取引き(売買契約)をすることができます。
▲ページトップへもどる
Q.売却価格はどうやって決まるのですか?
売却価格を決めるには、
まず近隣の売却事例や販売状況を参考にします。

当社では販売価格においては、売主様が参考になるように、
近隣データを分かりやすく作成し、
いくら位で売れそうなのか査定報告書を作成致します。

それを参考にしていただき、価格を決定していただきます。

あくまで販売開始価格を決定するのは、所有者である売主様です。
我々の仕事は、いくらで売りに出せばいいのかが参考になる様に提案をする事です。

その時の市場の見極めが非常に大切になってきますので、
どうぞ、私共を活用してください。
そして、一緒にご売却活動を進めてまいりましょう。
▲ページトップへもどる
Q.住宅ローンがまだ残っているのですが、売却は可能ですか?
はい、可能です。
通常であればほとんどの方がローンの残っている状態での売却であり、
売却金によって残債を返済します。

ただ、売却金額が、残債額に足らない場合は注意が必要となります。
その場合であってもいろいろと対応方法はありますので、
ご相談ください。

多くの物件を取り扱ってきた実績と、高く売るためのノウハウを
もっているハッピーホームだからこそできる、提案をさせていただきます。
▲ページトップへもどる

▲ ページトップへ


土地・戸建て・マンション 福山の不動産売却 応援サイト
ハッピーホーム 不動産部